EcoStruxure™ IT Advisor

計画およびモデリングソフトウェア

既存および新規のキャパシティを最適化し、ビジネスインパクトを分析し、ワークフローを自動化し、エネルギーベースの原価計算をデプロイすることで、運用コストを削減し、アップタイムを計画し、監査とシニアマネジメントのための報告を自動化。EcoStruxure IT Expertとの連動により、物理的なインフラストラクチャーの現状をリアルタイムに把握することができます。

計画およびモデリングアプリケーション

データセンターをコントロールし、次の一手に備えることができるダイナミックモデルです。

データセンターをグローバルに見える化

グローバルからローカル、さらには単一のアセットまでを 3D ビューに表示することで、データセンターのオペレーションの概要を瞬時かつ正確に把握できます。

主な利点

正確なインベントリおよびモデルデータのためのアセット管理

データセンターアセットに関する情報として「信頼できる唯一の情報源」を利用。スプレッドシートへの依存をなくします。

先を見越したインシデント管理のためのリスク計画

インパクト分析を使って先を見越してインシデントに対処。冷却や機器の不全がデータセンターに与える影響を把握することができます。

コロケーション機能

特定のエリア、ケージ、ラック、ステータスに応じて色分けされた IT アセットを視覚化することで、テナント固有の情報を把握。フロアとラックの使用状況レポートを作成することで、キャパシティを最大化することができます。

データセンター全体をシンプルに管理できるベンダーニュートラルなソフトウェア

お客様の環境で機能するデバイスを自由に選ぶことが可能。これらの端末をすべて 1 つのシステムで管理することで、データセンターを正確に表わすことができます。

スマートな意思決定を実現する分析

簡単に構成できるWebダッシュボードを通じて、データセンターの主なパフォーマンス指標から状況を把握。ダッシュボードにはカスタマイズ可能な管理レベルの情報が表示されます。

最適化されたインテリジェントな計画を実現するキャパシティ管理

新しいアセットの設置スペースを簡単に見つけたり、配置したり、確保したりできます。

IT 機器を移動、追加、変更、削除するための変更管理

自動化されたワークフローを使うことで、すべての作業指示でヒューマンエラーを減らし、ベストプラクティスを展開することができます。

EcoStruxure IT Advisorのウェブアプリは最新ウェブブラウザに対応。シンプルかつスピーディーにサイト情報を把握できます

世界中のすべての拠点を単一のユーザーフレンドリーなインターフェイスから管理。クイック検索を使ってアセット情報にいろいろアクセスし、ウェブアプリから離れることなくアセットの詳細を更新することができます。

すべての作業指示のステータスをリアルタイムに追跡。スタッフの生産性と効率を改善することができます。

ラックの表面と裏面を視覚化し、使えるスペースを確認。まるでラックの前に立っているかのようです。

難しい設定なしで使える電力およびエネルギーレポート。素早い分析とスマートな意思決定が可能になります。

機能

一元管理された環境の正確い表現

  • ラックを表示し、アセットがどこでどのように配置、接続されているかを確認。
  • 3D ビュー。
  • 現在のネットワーク接続の概要を把握。
  • 物理的なレイアウトに従ってデバイスデータを表示することで、デバイスの詳細、アセット属性、データセンターのオペレーションの概要に即座に把握。
  • どのラック PDUの出力アウトレットがサーバーに接続されているかを表示することで、電力接続を簡単に把握したりセットアップすることが可能。

正確なインベントリおよびモデルデータのためのアセット管理

  • データセンターのすべてのアセットの詳しい情報の追跡と、独自のカスタムフィールドの作成。
  • 10 000 件を超えるモデルライブラリと自動検出により短時間で稼働可能。
  • データセンターに何度も足を運ぶことなくアセットを管理。
  • ドラッグアンドドロップ操作でラック内のアセットの並び替えやキャビネット間の移動が可能。
  • 2 つのラックを視覚的に比較。
  • ラックの表面と裏面の画像を表示。
  • 各デバイスの名前、型式、モデル、ネットワーク物理/電力情報を表示。
  • キャビネットレベルのキャパシティを表示。

IT 機器の移動、追加、変更、削除などの変更管理

  • 作業指示の自動化とプロセスを定義により、機器の移動に伴うヒューマンエラーの削減と、ベストプラクティスの展開。
  • カスタマイズ可能なタスク詳細と期限が設定された作業指示を作成することで、正確かつ予定通りに作業を完了。
  • すべての作業指示のステータスをリアルタイムに追跡し、スタッフの生産性と効率を改善。

プロアクティブなインシデント管理のためのリスク計画

  • 冷却や機器の不全などのインシデントがデバイスやインフラストラクチャーに与える影響を把握することで、リスク計画を最適化。

最適化されたインテリジェントな計画を実現するキャパシティ管理

  • スペースと電力を正確に管理することで、キャパシティの利用を最適化。
  • 新しいアセットを設置するスペースの発見、配置、確保: 拠点と条件を選択すれば、キャパシティ値に基づいて新しいアセットに最適なラックと U ポジションをシステムが自動的に計算し、選択。

分析

  • 難しい設定なしで使えるレポートで、キャパシティ予測、インベントリ、空き U スペース、サーバー利用率、作業指示などを素早く分析。
  • チームや経営陣と情報を共有して、データセンターの共通認識や理解を促進。
  • 現在および過去の Power Usage Effectiveness (PUE) を通じてデータセンターのエネルギー使用をモニタリングおよび測定することで、節約と効率の機会の確認。

コロケーション

  • 部屋、ケージ、ラックまたはサーバーレベルでテナントアセットをマッピングすることで、停電時のテナントの影響を理解。
  • 監査証跡: データセンターのライフサイクル全体のケージや設備機器の変更をすべて追跡することで、透明性を確保すると同時に予知保全の要件を簡単に特定。
  • 現在のスペースや電力キャパシティの概要を把握。
  • 特定のテナントと関連付けられたすべての機器が表示されるテナントインベントリレポートを使って、テナントインベントリの情報を取得。
  • 冷却や機器の不全をシミュレーションすることで、影響を受けるテナントを把握。
  • テナントポータルを使ってテナントに対して直接機器およびエネルギー消費を視覚化。

データセンターのオペレーション効率とインフラストラクチャー計画を改善

投資を最適化

インテリジェントなリソースやエネルギーの分析によりデータセンターのキャパシティを改善

&

アップタイムを上昇

データセンターのインフラストラクチャーの冷却や機器の不全の影響を理解することで、リスク計画を最適化

理解を促進

正確なデータに基づくインフラストラクチャー管理のスマートな意思決定を実現

自分にあったやり方で EcoStruxure IT Advisorをデプロイ

クラウドベースまたはオンプレミス

EcoStruxure IT Advisorには柔軟なデプロイオプションが用意されています。オンプレミスへのデプロイだけでなく、 Schneider Electric クラウドを使ってサーバーのデプロイ無しで数分で稼動させることも可能です。

ごく少数のクローゼットから大規模なコロケーション環境までをモデル化

EcoStruxure IT Advisorでは施設を正確にモデル化することができます。最大 25 万ラックのモデル化が可能なスケーラブルなソリューションです。

スタンドアロンとしても、モニタリングソフトウェア EcoStruxure IT Expertと組み合わせても

EcoStruxure IT Advisorとモニタリングソフトウェアの EcoStruxure IT Expertを組み合わせることで、EcoStruxure IT ターンキーソリューションによるデータセンターのトータル管理が実現します。

EcoStruxure IT Advisorを始めるには

N

IT Advisorサーバーにアクセス

N

デスクトップクライアントをダウンロード

N

カスタマーサクセスマネージャーからツールの活用方法を学ぶ

利用者の声

«IT Advisorの良い点は、ハードウェアの物理的な場所とラックレベルの現在の電力値を教えてくれるところです

«影響のシミュレーションが気に入りました。PDU はもちろん、テーブルタップさえクリックして何が影響を受けるのかをシミュレーションできるのです」

«「すべてのデータがあり、欠けているものは何もありません。本当に思い通りに機能してくれています」

世界中で利用可能